[movie] バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生

BvS

ザック・スナイダー監督の下、ベン・アフレック演じるバットマンとヘンリー・カヴィル演じるスーパーマンを筆頭にDCコミックのスーパーヒーローたちがMCU(マーヴェル・シネマティック・ユニバース)に立ち向かっていくという一大叙事詩の序章です。(ちがいます)

ザック・スナイダーといえば、とかく「物議を醸す」タイプの監督で、代表作をひとつひとつ見ていっても、賛否両論がくっきりと、場合によっては激しく分かれるものが多いような気がします。個人的には今となってはこの「BvS」の前日譚的な位置づけとも言える前作の『マン・オブ・スティール』はけっこう楽しんだのですが、今作については先行している批評家の反応がけっこう辛辣だったりして、不穏な空気が漂っていました。これはやはり「長い」とか「暗い」とか「絵面だけにこだわって脈絡がない」「全体を通した構成力がない」といったザック・スナイダーの悪い癖が出たのかなぁ、と。

なので、期待とも不安とも何とも言えない妙な予感を抱いて劇場に足を運んだわけですが、実際に蓋を開けてみると、なんとも見事に「長い」「暗い」「絵面だけにこだわって脈絡がない」「全体を通した構成力がない」作品にそのまんま仕上がっていました。(ヒャッホー)

 

が。

 

「それでも一向に構わない」、という奇跡が起きています。(ブラボー)

 

実際のところ、ザックの良くないところは本当にそっくりそのまま丼からはみ出す勢いでてんこ盛りになっていて、これは嫌う人は嫌うだろうなぁと思うんですが、これはやっぱり、ザック本人は悪いことだと微塵も思っていないんですね。クリエイターとして描きたいものと、プロの映画監督としてやるべきでないことの狭間で葛藤する、とかいうそこらの小物のような屈託は彼にはなくて、「これがベストだ」と心から信じて作品を送り出しているのが伝わってきます。おそらく彼にとっては、思いついた「美しい絵」があればリアリティやストーリー全体とのつながりとかに拘泥するべきではなくて、何なら唐突な幻視でもいいからそれを出すべきなのでしょう。まぁバットマン・シリーズでは本人のトラウマということもあるのである程度のフラッシュバックはOKだと思うんですが、今作のフラッシュバックは「甘エビを食べていたと思ったら次の瞬間マグロだった」みたいな、目隠しで海鮮丼を食べさせられているかのように、受け手の戸惑いを気にせずどんどん口の中に突っ込まれてきます。時々ショウガとか投入される感じ。

まぁ、個人的に非常に気に入っていた予告編のシーンまでが幻視のひとつだったのは衝撃を受けたわけですが、そういう困惑をとりあえず飲みくだして、まとまりも一貫した筋もない「絵の積み重ね」を問題視せずに受け取ることに成功すると、すなわち、この作品を純粋に加点方式のみで評価できるようになると、監督が最初からそっちにポイントを全振りしているだけに、この映画は非常に強力に迫ってきます。

そしてそれが特に際立っているのが、ジェシー・アイゼンバーグ演じるレックス・ルーサーと、そして何よりガル・ガドットのワンダー・ウーマンだったわけです。

特にワンダー・ウーマンは何だかよくわからないままうろちょろとストーリーに出たり入ったりしていて、この女性は何なんだ、とぼんやりと思っていたら突然凄まじい燃え音楽とともに見せ場を完全にさらっていった上に、そこまでの尺の長さに停滞して沈み始めていた観客の精神をも見事に救い出すというあっぱれなスーパーヒロインぶりで、正直な話、この「ワンダー・ウーマンとしての登場シーン」とそこでかかる”Is she with you?”にこの映画の価値の120%くらいがある気がします。

一方のジェシー・アイゼンバーグも、これまた見事な「ジェシー・アイゼンバーグ」を演じきっていて、バットマン v.s. スーパーマンというよりはジェシー v.s. バットマン&スーパーマンという構図をがっちり成立させる素晴らしい悪役ぶりでした。今回は定番の高速セリフまわしを、才気と狂気によって激しく振動する、高速ナックルボールのようなアレンジにしていて、極めてマニアックでとびきり魅力的なレックス・ルーサーを完成させています。

もちろん主演のベン・アフレックもヘンリー・カヴィルも決して引けを取っているわけではなく、それぞれ、かつて人であり、今はタガが外れるように人から逸脱した感のあるバットマンと、最初から人ではなく、自然な構造として人の世界から上空に乖離してしまっているスーパーマンを、かっちりと演じきっています。特にヘンリー・カヴィルの「やっぱりこいつは結局、人間じゃないんだな」という瞳の光は、生半なことではたどり着けない境地である気がします。もうひとつついでに、ジェレミー・アイアンズのアルフレッドも、マイケル・ケインよりさらに一歩、ブルース・ウェインの背中の闇に踏み込んだ寄り添い方になっていて、非常にポイントの高い執事像でした。どちらかというと「主人を思う執事の鑑」というより、「完全に呼吸が合った長年の相棒」といった趣で。

こういう、期待されているものをきっちりと完璧にこなす俳優たちの演技は、この作品を崩壊の瀬戸際から救い上げているのかもしれません。実際、ザック・スナイダーが好きなように突っ走って、世界観とそれに応じたリアリティが度々、危ういバランスに傾きながらも最終的に破綻せずに済んでいるのはこうしたキャスト陣がしっかり脇を固めていればこそ、という気がします。

 

ただ唯一惜しむらくは、最終的な決戦の相手であるドゥームズデイで。『インクレディブル・ハルク』のアボミネーションを思わせる造形と知性のなさが、どうしても萎えてしまうんですよねぇ。個人的なトラウマなのかもしれませんが、工夫のない巨人形態というものに、どうも魅力を感じません。バトル自体は割と好ましかったんですが、もう少し何とかならないのかなぁ。あまり原作から離れるとまた色々言われるんでしょうけども。

 

というわけで、不安と期待の入り混じった複雑な心情で臨んだ一作でしたが、観終わったあとにはシンプル極まりない「小学五年生」の魂が残る、近年では稀に見るレベルの「小五」映画でした。ザック・スナイダーは「俺たちのは『神話』だから」などと嘯いてますが、ぜひこの調子で、小学五年生が方眼ノートにガシガシと書き連ねる神話のような作品を作り続けていってほしいと思います。

 

[movie] Mr.ホームズ 名探偵最後の事件

Mr. Holmesビル・コンドン監督、イアン・マッケラン主演による、すでに現役を退いた老境のシャーロック・ホームズが記憶の彼方に遠く霞んでしまった「最後の事件」にもう一度臨む、という作品です。字幕はアンゼたかしさん。

イアン・マッケランがシャーロック・ホームズを、というだけでこちらとしては「イアン・マッケランがシャーロック・ホームズを!!」か「シャーロック・ホームズがイアン・マッケラン!!!」と書くしかなくなってしまうわけですが、その上に今回サー・マッケランが演じるのは引退間際の60代のホームズと、自分の人生の終わりを間近に感じつつ、最後にひとつ残ったままの謎に懊悩する90代のホームズで、なんというか凄まじいことになっています。

とくに後者、90代のホームズの演技というのは、90代の老人の演技とシャーロック・ホームズの演技というふたつに分解できるわけですが、この「90代の老人」の方が迫真の演技とかいうレベルではなく、結果として90代の老人がホームズを演じているように見えるんですね。観ていて「ああこんな老人に映画撮影なんて過酷なことをさせるなんて」と胸が痛くなりますし、最後の方はもう「ああ、これイアン・マッケランの遺作だ、これのシーンの撮影が終わってクランクアップでみんなが歓声をあげてるかたわらで眠るように息を引き取ったんだ…」みたいな失礼極まりない記憶の捏造が発生するレベルです。エンディングロールの後ふと我に返って、いやいやそんなことはない、まだ生きてらっしゃる、と思い直しても、それでも何となく不安になってくるレベルです。(サー・マッケランは現在76歳)

一方、劇中の現在、1947年のホームズの身の回りの世話をしている家政婦マンロー夫人の息子で、サセックスの田舎に引きこもったホームズにとっての唯一の友人であるロジャー・マンローを演じているマイロ・パーカー君(現在13歳)も素晴らしい演技をしていて、なんというかこの「老人と子供」の組み合わせは凶悪極まりないです。個人的にはイギリス映画界には、定期的に現れる名子役の系譜みたいなものがあるような気がするんですが、そうしたイギリス子役伝統の秘奥義とも呼ぶべき、しっかりした演技力と、実際に本当の子供であることの組み合わせから繰り出される、致死性の瞳の輝きと声の響きは、サー・マッケランの死に瀕した最後のきらめきと合わさって今作を安直なオマージュものとは別の次元に持ち上げているように思います。

…とはいうものの、手放しで絶賛かというとそうでもなく。

ビル・コンドン監督は『ドリーム・ガールズ』と『トワイライト・サーガ』、という印象が強いんですが、その後者の方が何となく今作に近いのかな、という。今作には原作の小説があるようで、この辺はむしろそちらの責に帰すべきところなのかもしれませんが、何ともこう、薄くて浅いというか。もしこれがホームズ物でもなく、イアン・マッケランでもなかったとしたら、あまり評価できるポイントは無いような気がします。もちろんそのふたつがある時点で一定の価値は保証されていて、そこについてはこちらもそもそも承知の上で観に行っているのですが、もう一歩踏み込んでくれていたらなぁ、という感覚はあります。

あと、これは自分が日本人であることによる特有の感想だと思うので作品の価値を定める上ではやや取扱注意であろうとは思うのですが、こちらとしてはシャーロック・ホームズが出てくる作品に対しては「英国」成分とでも呼ぶべきものを期待するわけです。そこで「日本」が出てくると逆に、最高のダージリンにカツオ風味の本だしを入れやがった!みたいな。イギリスのシャーロキアンとかはバリツとか含めて時々無責任に出てくるオリエンタル風味も是として楽しむのかもしれませんが、この辺はなかなか難しいところです。

あと、ヒロユキ・サナダの「シャーロックサン!!」が耳に残って離れない感じの映画でした。

 

[movie]  クリード チャンプを継ぐ男

 

2016年の2本目は、こちらもできれば昨年中に観ておきたかった期待の一作。
※今回ちょっとネタバレというか、作品の内容について具体的な言及があります。

やはり、同じく再始動した一大シリーズであるスター・ウォーズと比して語られることが多いように思われる当作ですが、こちらも『フォースの覚醒』と同じく、批評家、マーケットともに好評をもって迎えられているようで何よりです。

個人的にはもう本当に大詰め、というところまでは「ふんふん」と観ていたのですが (時折挿入される音楽に言うまでもなく泣かされながらですが)、最後の試合の前のアドニスの台詞、「(prove) I’m not a mistake.」で完全に持って行かれました。時々、こういう「たった1行ですべてを持っていく一撃」というのがあります。映画の醍醐味の一つですね。

いろいろ映画を観ていると、登場人物の「魂」とか、その人物の「人間としての全存在」が、その「人生の質量」が一瞬の内に実体化してくる奇跡のような瞬間に出会うことがあります。なんとなく、それはプロットの組み上げ方であったり、描写や情景の積み重ねで作り上げるものだという漠然とした思い込みのようなあやふやな認識があったんですが、たった一言のセリフでもそれが発生することがあるんだなぁ、と今回思い知らされました。

もちろん、今作でも、そこに至るまでに積み重ねられているものはあって、それは当然、監督と俳優の技量でもあるのですが、この映画をについては何というか、この1行のセリフがなかったら「普通のいい映画」だったと思うんですよね。あー、よかったね、レジェンド級のシリーズのリブートとして失敗しなかったよね、と。

ところが(まぁあえて断るまでもなく個人的なものだとは思うんですが)、このセリフがそこまでのすべてを一瞬で塗り替えるというか、ここで突然、アドニス・クリードが生身の血肉を持って心の中のリングに立ち上がったというか。そのポイントに至るまで、ロッキーの話なのか、アポロの息子の話なのか判然としなかった部分が急に明確な輪郭を結んで、そこまでの約100分が二十数年分のアドニスの人生に瞬時に変成して、映画全体がアドニス・クリードという人間の話としてめきめきと「存在し始める」ような、恐ろしい瞬間でした。涙腺とかもうそんな甘っちょろいものじゃない何かが決壊です。

この作品に限らず、私自身は、そういう「致命的な一撃」を求めて映画を観ているようなところがあるんですが、そういう「体験」というのは本当に微妙なバランスを必要とするもので、かつ、それが成立する構造が作品の中に閉じていない、ということを最近、つくづく感じています。ちょっと古いところでいうとケネス・ブラナーの『フランケンシュタイン』の「He never gave me a name.」のところでも似たような一撃を喰らったりしてるんですが、人それぞれ、自分の中に響くものを持っていて、それがガツンと共鳴するような瞬間がその「一撃」だとすると、やはりラッキーパンチというか、特に映画の方に工夫も創意もなくてもたまたま響くということはありうるわけです。(『フランケンシュタイン』を悪く言っているわけではなく)

で、ちょっと作品を離れて思うのは、映画自体の作品としての客観的な完成度の一つの尺度は、ピンポイントで響く個別の音叉のないところから、映画を観ていく中で観るものの中にそれを立ち上げて響かせる、というところにあるのかもしれない、ということなんですが、観ている当人にとっての主観的な価値は、それが手持ちの音叉であろうと映画の中で生まれたものであろうと、響きさえすればいい、というのも間違いないところで、この辺りは、映画について語る時に常に自覚しておくべきなのだろうという気がします。自分が評価しているそれは、映画そのものなのか、自分がその映画を観ることによって得た体験なのか。しかしまぁ、じゃ前者の観点で見た時に、観る人の心に音叉を作るのがうまい監督がいい監督なのかと言ったら必ずしもそうでもなく、この辺は実に難しいところです。

適当に書き散らかして盛大に発散してしまいましたが、とりあえずこの暴走も『クリード』を観た余波みたいなものなのでやはりそういうパワーのある映画だったと思います。