[camera][exhibition] EOS 5D Mark IV @ 東京国立近代美術館

東京国立近代美術館の『トーマス・ルフ展』に行ってきました。リンク先の公式サイトによれば、

トーマス・ルフ(1958年ドイツ、ツェル・アム・ハルマースバッハ生まれ)は、アンドレアス・グルスキーやトーマス・シュトゥルートらとともにデュッセルドルフ芸術アカデミーでベルント&ヒラ・ベッヒャー夫妻に学んだ「ベッヒャー派」として、1990年代以降、現代の写真表現をリードしてきた存在です。

ということで、「アートとしての写真」方面にはまったく疎い私でも名前くらいは知っている大御所的な存在ですが、本展は日本で初めての本格的な回顧展として、代表的なシリーズから数点ずつ、網羅的に集めており、非常に見応えのある展示になっています。

個人的には「高度に発達した現代アートは何だかよくわからない」派なので、近年の作品群についてはうまく受け止めることも言葉にすることもできないのですが、デュッセルドルフ及びその近郊のごく普通の建造物を撮影した「Houses」シリーズや、彼の身近な人々の住む家の内部の諸々を自然光でありのままに写す「Interiors」シリーズは、本当に何気ない被写体ばかりでありながらも、奇妙に響いてくる作品がさりげなく混入していて、まさにそういう体験がしたくて写真展に来ているんだ、というそのものズバリの感動がありました。

図録も買って、二階の簡易カフェテリアみたいなところでパラパラと眺めてたんですが、やっぱりプリントと印刷では色合いが違っていて、やはり現物を見ないと分からないものがあるなぁ、と。良い悪いとはまた別の軸かとは思うんですが、今回、私が気に入った作品について言えば、プリントの方の色合いの方が明らかに好みに合っていてしっくりくるんですね。ちなみに、図録と合わせて、その作品が収録された写真集も眺めてみたんですが、そちらもやはりプリントとは少し違っていて、まぁある意味、わざわざ足を運んで実物を見に来た甲斐があった、ということで良いのかもしれません。

***

さて、今日もEOS 5D Mark IVを持ち出していて、カラーで撮っているのにモノクロっぽくなる天気の中、あわよくばEOS 5DS Rと実写比較を、と思っていたんですが、第一目的地の美術館に思わず長居してしまって時間がなかったのでそれはまた改めて。ただ、手持ちで適当に比べた感じだと、画素数の差から受ける印象ほどに、解像感には大きな違いは出ないように思えます。あとは5DS Rの方がほんの気持ちくらい、色が濃く出るかなぁ、という気もしますが、このあたりはもう少し確認しないとなんとも。とりあえず手持ちなので厳密な比較にはなりませんが(構図もピント位置もずれてる)、設定はすべて揃えてDigital Photo Professionalから素現像した写真を1組だけ。

どちらもEF24-70mm f/2.8L II USM(焦点距離50mm)で、ISO100、f/4の1/50 secで撮っています。現像時に適用したピクチャースタイルは「ディティール重視」からコントラストを-2、色の濃さを-1したものです。

(※どちらもクリックすると原寸画像が開きます)

_dsr5561-2
EOS 5DS R
_5d40439-2
EOS 5D Mark IV

 

ちゃんと比べるならやはり三脚くらいは出さないといけないんでしょうね。

[photo] in and out of years / Akiyoshi-dai

_DSR7868(Canon EOS 5DS R + EF35mm f/1.4L II USM, 1/8000 sec at f/1.4, ISO100)

年末年始は山口県に帰省していたわけですが、ここ数年、実家に戻るたびに秋吉台に足を運んでいます。2億年以上前には海の底で、長い年月をかけて形成されていった石灰岩の地層によって成立した「カルスト台地」という地形で、人の手がほとんど入っていない一方、大きな樹木が自生しないために延々と草に覆われた中、まばらな潅木・低木とむき出しの白い石灰岩が点在する広大な丘陵地帯という、非常に特徴的な場所です。

夏場は一面が緑に覆われたそれは爽やかな景観なのですが、冬場は見渡す限り枯れ草という非常に佗しい光景で、かつ観光客もほとんどいなくなるため、ちょっと大げさに言うとこの世の果てに来たかのような上質の寂寥感が味わえます。ハイキングロード的な道が開いてあるのですが、駐車場から10分も歩けば、誰もいない、踏み固められた道を除けば人工物も見当たらない、といった状態で、他の場所では簡単には味わえないレベルで文明世界と断絶することができます。ある意味、極上の娯楽です。

a bliss of being alone(Canon EOS 5DS R + Sigma 20mm F1.4 DG HSM | Art 015, 1/2000 sec at f/1.4, ISO100)

この冬は気候も穏やかで、心細くなる程度には空気は冷たく、さりとて生存が脅かされるほどには寒くない、といった感じで、西日にもわずかに暖かさが残っていました。

モノクロで撮っていこうかと思ったんですが、せっかくの微妙な温度感を尊重して、カラーのままで。ちなみにこちらはSIGMAの20mm Artの開放ですが、この遠景のボケが好みに完全にはまっています。個人的には、明るい広角はこうでなければ、という感じ。

_DSR7359(Canon EOS 5DS R + Sigma 20mm F1.4 DG HSM | Art 015, 1/5 sec at f/1.4, ISO100)

同じく、20mm Artの開放です。日暮れ後、三脚を使って撮ってます。このレンズ、周辺も程よく落ちてなかなか深い色を出してくれます。

今回はあまり夕焼けの赤には恵まれませんでしたが、訪れる度にその都度、撮りたいものがあって、ここは本当に、毎年通っても飽きません。

しかし、この秋吉台、近年は地元の人手不足ということで、草地のメンテナンスのために欠かせない「山焼き」の規模が縮小していて、徐々に荒れてきているそうです。まぁ人為的な処置のない「自然」に還っていくことを「荒れる」というのが適切かどうかわかりませんが、今後どうなっていくんでしょうかね。自然破壊ということではないので、別にそれはそれで構わないのかもしれませんが。