[photo] EF35mm F/1.4L II USM


(1/250 sec at f/1.4, ISO 100)

※今回は特に断りのない限り、EOS 5DS R + EF35mm F1.4L II USMで撮ったRAWファイルをLightroomで後処理なしで素現像したものです。

EF35mm F1.4L II USMは、2015年9月に発売された、5DSシリーズ発売後の最初のLレンズですが、高解像度対応よりもむしろ「BRレンズ (Blue Spectrum Refractive Optics)」搭載を謳っていた印象が強く残っています。いわく「大口径レンズに発生しやすい色のにじみ(色収差)を大幅に低減し、撮影画面の中心から周辺まで優れた描写性能を実現」(キヤノン公式サイトの製品ページより)とのことで、光源の描写やボケが一味違う、という売り方。ある意味、ニコンの58mm f/1.4に通じるマーケティングという気もします。

ちなみに、公式にはもう一つ、製品紹介のページがあります。

一枚目、ボケ味もさることながら、銀色の鈴の金属面の描写が超好みです。これはヤバい。

    (1/320 sec at f/1.4, ISO 100)

うちの地元の辺りはもうすっかり過疎化が進んでしまっており、近所にも空き家が目につくのですが、潮を含んだ風の強い海辺ということもあって、寂れ感が半端じゃありません。気のいい年寄りしかいない地域でもあるので、落書きだの割れ窓だのといった人為的な荒れ方はしないのですが、雰囲気はずいぶん変わってしまいました。

 (1/1250 sec at f/1.4, ISO 100)

近所の神社には日本海沖で見つかった巨大な珪化木がご神体として祀ってあります。よくこんなものを海中から引き揚げたものだなと思うんですが、それはさておき、石化した木の表面の質感だけでなく、ほぐれた藁の柔らかい解像っぷりが、これまた超好みです。

(1/ 250 sec at f/1.4, ISO 100)

水盤に榊の枝。うちの地元の辺りでは神社にお参りすると大体、賽銭箱の右手側に丸い水盤があって、榊の枝が水に浸してあります。お参り前に雫を頭にふりかけると頭が良くなるとか言われてました。

(1/320 sec at f/1.4, ISO 100)

漁師町の神社なのでそれ系の神様の神社だと思うんですが、なぜか天狗面も祀ってあって、天狗のキーホルダーが売ってあったりします。極めて適当な感じで。EOS 5DS Rはこれまでのモデルと比べるとシャドウ部分のトーンの扱いがずいぶん改善した気がします。ダイナミックレンジ云々以前に、ノイズで荒れまくっていたんですが、センサーの性能なのか画像処理なのか、はたまた単純に粒が細かくなったからなのか、その辺はかなりよくなりました。

35mmという画角が元々あまり好みではなかったのですが、とりあえずこのレンズは非常に気に入っています。性能云々というところはあまりチェックしていないのですが、定番系のレビューはこちら。

 

あと数枚足して、Flickr上にAlbumにしてまとめてありますのでよろしければそちらもどうぞ(EF35mm F1.4L II USM @ lenslet blog on Flickr)。

 

[photo] 20mm Artの続き

先日アップしたSigma 20mm Art、もう少しサンプルを。前回同様、5DSRのJPEG撮って出しです。

  細かい枝先の解像はなかなか大したものです。

  ボケ始める感じのテスト。やや流れ気味になりながらボケていく感じですが、20mm f/1.4などという前代未聞のスペックの割になかなかまとまった感じのボケだと思います。

  正面上方から斜めに光が入るケースですが、さすがに微妙にゴーストが出ています。しかし全体としてはやはりよく写ります。


f/5.6まで絞っていますが、四隅も破綻せず、解像もきっちりで、何とも行儀の良い限りです。いいな、このレンズ。

[lens] SIGMA 20mm F1.4 DG HSM | Art

超広角20mm、開放絞り値f/1.4。ちょっと意味がわからない感じのスペックで出てきたシグマのArtライン新製品。さっそくEOS 5DS Rに装着して日光・那須まで持ち出してきました。

Artラインだけあって、安定の高解像度。下の写真はf/4ですが、中央部であれば開放でもバキバキに解像します。


実際、解像度については5DS Rに付けてもまったく遜色ないレベルなんですが、この組み合わせはやはり手ブレがつらい。特に遠景は角度ブレがすごく顕著に出る感じで、どんなにシャッタースピードを上げても手持ちだと安心はできません。

近景であれば手持ちでも割と何とかなる感じなので「広角開放で寄る」という個人的な好み的に言えば、まぁばっちりではあります。

11月最後の週末、那須高原の展望台はもう雪が降ったらしく、わずかな残雪があちこちに残って、冬がもうそこまで来ている様子。展望台から殺生石、温泉神社に降りていく山道を歩いていったのですが、落葉樹はすべて丸裸になっていて、それはそれでなかなか味わいのある風景でした。人も少ないし。

ちなみに、殺生石まで降りた後、別ルートからまた展望台に戻ったわけですが、帰りの登りはさすがにしんどい。行きの下りはあれこれと50枚近くシャッターを切ったのに、登りの写真は3枚しかないという。


この写真は手持ちでシャッタースピードをもりもり上げたところISO320になってしまっていたという痛恨の一枚なんですが、やはりこういうのを撮るなら最初から三脚に載せた方が無難です。

一方、手持ちで被写体にどんどん寄っていく、というのも、このレンズでしか撮れない世界が広がってくるのでオススメです。


開放では多少のフリンジは出てきますが、破綻するほどではなく、かなりしっかり抑えてあります。ボケもかなり好ましい感じ(主観ですが)。さすがシグマ、の一言です。

※このエントリで上げた写真はすべて5DS RのJPEGそのまま、無加工です。ピクチャースタイルはディティール重視。FlickrのAlbum SIGMA 20mm F1.4 DG HSM | Art の方にメタデータ含む原寸画像が置いてあります。