[photo] in and out of years / Akiyoshi-dai

_DSR7868(Canon EOS 5DS R + EF35mm f/1.4L II USM, 1/8000 sec at f/1.4, ISO100)

年末年始は山口県に帰省していたわけですが、ここ数年、実家に戻るたびに秋吉台に足を運んでいます。2億年以上前には海の底で、長い年月をかけて形成されていった石灰岩の地層によって成立した「カルスト台地」という地形で、人の手がほとんど入っていない一方、大きな樹木が自生しないために延々と草に覆われた中、まばらな潅木・低木とむき出しの白い石灰岩が点在する広大な丘陵地帯という、非常に特徴的な場所です。

夏場は一面が緑に覆われたそれは爽やかな景観なのですが、冬場は見渡す限り枯れ草という非常に佗しい光景で、かつ観光客もほとんどいなくなるため、ちょっと大げさに言うとこの世の果てに来たかのような上質の寂寥感が味わえます。ハイキングロード的な道が開いてあるのですが、駐車場から10分も歩けば、誰もいない、踏み固められた道を除けば人工物も見当たらない、といった状態で、他の場所では簡単には味わえないレベルで文明世界と断絶することができます。ある意味、極上の娯楽です。

a bliss of being alone(Canon EOS 5DS R + Sigma 20mm F1.4 DG HSM | Art 015, 1/2000 sec at f/1.4, ISO100)

この冬は気候も穏やかで、心細くなる程度には空気は冷たく、さりとて生存が脅かされるほどには寒くない、といった感じで、西日にもわずかに暖かさが残っていました。

モノクロで撮っていこうかと思ったんですが、せっかくの微妙な温度感を尊重して、カラーのままで。ちなみにこちらはSIGMAの20mm Artの開放ですが、この遠景のボケが好みに完全にはまっています。個人的には、明るい広角はこうでなければ、という感じ。

_DSR7359(Canon EOS 5DS R + Sigma 20mm F1.4 DG HSM | Art 015, 1/5 sec at f/1.4, ISO100)

同じく、20mm Artの開放です。日暮れ後、三脚を使って撮ってます。このレンズ、周辺も程よく落ちてなかなか深い色を出してくれます。

今回はあまり夕焼けの赤には恵まれませんでしたが、訪れる度にその都度、撮りたいものがあって、ここは本当に、毎年通っても飽きません。

しかし、この秋吉台、近年は地元の人手不足ということで、草地のメンテナンスのために欠かせない「山焼き」の規模が縮小していて、徐々に荒れてきているそうです。まぁ人為的な処置のない「自然」に還っていくことを「荒れる」というのが適切かどうかわかりませんが、今後どうなっていくんでしょうかね。自然破壊ということではないので、別にそれはそれで構わないのかもしれませんが。

[photo] in a life that is not mine

homebound(EOS 5DS R + EF35mm f/1.4L II USM, 1/4000 sec at f/1.4, ISO 100)

帰省時の写真をもう少し。今回、飛行機で帰るということで、久しぶりに羽田モノレールに乗りました。昔は羽田といえば大体このモノレールだったんですが、やはり他の交通手段より、少し「楽しい感」があります。

a tentative life(EOS 5DS R + EF35mm f/1.4L II USM, 1/640 sec at f/1.4, ISO 100)

関東に住んでいる期間の方がもう長くなってしまっているので、地元とはいえ、もはや「自分のホーム」という感覚はなく、台所に何気なく置かれたコップなんかも、外向きの視点で見つめてしまうような状態です。いろんなものが混じった感懐。

living beside(EOS 5DS R + EF35mm f/1.4L II USM, 1/125 sec at f.1.4, ISO 100)

日常を日常ではないものとして眺めるのは不思議なものです。

used to belong(EOS 5DS R + EF35mm f/1.4L II USM, 1/5000 sec at f/1.4, ISO 100)

通っていた小学校は、かつて運動場だったところに校舎が、校舎だったところに運動場が、というドラスティックな改築がされていました。面影ゼロです。

 

[travel] 2015年 冬の帰省

実家は山口県の日本海側なのですが、今回は飛行機で帰ったため、恒例にしている往路・復路で一泊ずつの温泉旅館宿泊を省いた分、地元にほど近い温泉地にある、「大谷山荘」で食事をしてきました。鉄板焼きです。

鉄板焼きという食べ物は、今では割とメジャーなカテゴリというかもはやそれこそ鉄板であるような気がしますが、大谷山荘がずいぶん前に全面改装をしてこれを始めた時は、「鉄板焼きが地元で食べられる」というのは割と画期的なことでした。今回、何年か振りでしたが、相変わらずクォリティも十分で、かつ、お値段が(鉄板焼きとしては)非常にリーズナブルです。元々、うちの地元は漁港を中心に成立したような町なので、魚はそれこそスーパーマーケットで買ったものでも非常にうまいんですが、うまい魚が簡単に手に入りすぎて、続くとありがたみがなくなってしまうという贅沢な問題もあり、肉料理も選択肢として成立するというのはありがたい限りです。

まずは前菜、豚肉と鶏レバーのパテ。


一緒についている野菜のピクルスも控えめな味付けで美味でした。

続いて、ゴボウのポタージュ。

「おお、ゴボウだ」という感じで面白い味でした。

で、魚介。

右側はこの分厚さにも関わらず、何とヒラメです。地元の漁港で上がった5kgのヒラメだそうで。

この後、さらに焼き野菜を挟んで、いよいよメインの肉料理。

これ、霜降りということでしっかりサシも入っているんですが、それに負けない赤身の味がするナイスな山口県産の和牛ロースです。

さらに、このロースから切り分けた、非常に罪深い脂身がこんな感じで↓

調理されて、


大変罪深いガーリックライスとして出てきます。ヤバい。(さらにこの後フルーツ添えのクレーム・ブリュレが出てくるという罪深さ)

で、これだけ食べてずいぶんおトクだというのに、かつ2,000円相当の入浴券がセットでついてきます。何という圧倒的おトク感。大谷山荘の温泉はいわゆる大規模温泉旅館的な大浴場で、大きな風呂、ジャクジー、水風呂、寝風呂(横になって入れるようになっている)、サウナに川沿いの露天風呂が備わっていて、施設としては結構レベル高いんですが、宿泊なしで入ろうとすると2,000円かかるんですよね。帰省中は、お風呂の設備が大変年季が入っていていろいろ困難があるのでこういう外風呂についつい引き寄せられるんですが、それが単体でも十分満足できる食事におまけとしてついてくるというのは個人的には非常に大きなメリットです。お腹いっぱいになった後のんびりロビーなんぞで休んだ上で、最後に温泉に浸かって帰る。怒濤の贅沢感。

近場に秋吉台や秋芳洞といった割と一線級の観光資源もあるので、大河ドラマとかに頼らなくてももう少し盛り上げられると思うんですが、やっぱり交通の便ですかねぇ。地元の経済の行く末について一抹の不安を覚えつつ、とりあえず素敵な食事と温泉を満喫した一夜でした。