[camera] Lightroom/Camera RawがEOS 5D Mark IVのRAWフォーマットに対応

2016年9月20日付で、AdobeのLightroomおよびCamera RawがEOS 5D Mark IVのRAWフォーマットに対応しました。(→公式blogのアナウンス)

素晴らしいことに5D Mark IV独自のDual Pixel RAWフォーマット(DPRAW)にも対応していて、読み込み、編集とも可能です。ただし、上記アナウンス記事もあるとおり、

We do not support any specific dual pixel raw functionality.  If you are planning to use Dual Pixel raw files, please read Limitations with Canon Dual Pixel raw files in Camera Raw and Lightroom. 

ということで、DPRAWの独自フィーチャーである「解像感補正」「前ボケシフト」「ゴースト低減」についてはサポートしない、ということで、これらの機能を使う場合にはまずキヤノン純正のDigital Photo Professional (DPP)で適用した上でTIFFファイルでエクスポートしてそれをLightroomに取り込む必要があるということです。

まぁ想定内というか、これらの機能のためにLightroomに専用のUIを追加する、ということも考えにくいわけで、そりゃそうかなという感じです。FUJIFILMのフィルムシミュレーションのように特定メーカーの独自の機能に後から対応したというケースもありますが、あれはRAW現像プロファイルを選択するという既存のUIの延長で対応できたから、ということなんでしょうねぇ。

当面、DPRAWで撮るだけ撮っておいて通常はLightroomに閉じて運用、どうしても必要になった時だけDPPで加工して結果をLightroomに取り込み、という方向で行こうと思いますが、使う機会が本当にあるかどうかはちょっと微妙な気がしなくもありません。

さて、せっかくRAW現像がいつもの環境でできるようになったので、先日六本木から表参道にかけてテストに出た時の写真をもう一度引っ張り出していくつか試してみました。

まず、前回の記事でJPEGでも結構シャドウのディティールが残ってる、みたいな話をしたサンプルから。JPEGの再掲とRAWでハイライトとシャドウを救ったバージョンです。

_5d40251
straight JPEG
_5d40251-from-raw
developed by Lightroom

RAW現像側のシャドウはもっとバリバリに起こせるのですが、まぁ起こせるよ、ということが分かれば、という程度にしていますのでサムネイルレベルだとあまり違って見えないかもしれません。(ホワイトバランスも少しいじっているのと、カメラ撮って出しだとほぼ完璧に修正されているフリンジがRAWでは残っているのでそこも合わせてLightroom側で補正しています)

 

さらにLightroomからいつも使っているSilver Efex Pro 2に持っていったもの。

_5d40141-edit
EF24-70mm f/2.8L USM II (24mm), 1/40 sec at f/4.0, ISO160, edited with Silver Efex Pro 2

いつものツールが使えるようになるとひと段落というか、多少落ち着いてくるところがあるのですが、そうなると今度は本格運用に投入したくなるわけで、飽きもせずに同じようなサイクルを繰り返すことになります。

続いてTonality Proに持っていったもの。

_5d40305-edit
EF24-70mm f/2.8L USM II (24mm), 1/40 sec at f/2.8, ISO160, edited with Tonality Pro

 

こちらはいつだったかものすごい割引があった時に購入して、とりあえず持っているだけ、という状態だったのですが、色々ドライブがかかっているこのタイミングで引っ張り出してみました。できることはSilver Efex Pro2とそんなに変わらない感じですが、こちらの方が「仕上がりのイメージ」から発想した感が強く「Instagramっぽさ」がより濃厚な感じです。もちろん追い込もうという時にはしっかりと突っ込んでチューニングできる懐の深さもあるので、もしこちらに先に出会っていたらこちらを常用していたかもしれません。

 

最後に、Analog Efex Pro 2。Silver Efexと同様、ちゃんとお金を払って使っていたら開発元がGoogleに買収されて無償化されるという微妙なことになってしまったのですが、さすがにGoogleが買い取るだけあってしっかりした技術に裏打ちされたナイスなツールです。あまり使い込んでいないのでそれこそInstagramみたいになってしまいますが、そういう手遊びも適度に織り込みつつ、ちょっとカメラの話が続いたのでそろそろ映画のことも書こうと思っています。

 

_5d40329-edit
EF50mm f/1.2L USM, 1/200 sec at f/1.2, ISO100, edited by Analog Efex Pro 2

[camera][exhibition] EOS 5D Mark IV @ 東京国立近代美術館

東京国立近代美術館の『トーマス・ルフ展』に行ってきました。リンク先の公式サイトによれば、

トーマス・ルフ(1958年ドイツ、ツェル・アム・ハルマースバッハ生まれ)は、アンドレアス・グルスキーやトーマス・シュトゥルートらとともにデュッセルドルフ芸術アカデミーでベルント&ヒラ・ベッヒャー夫妻に学んだ「ベッヒャー派」として、1990年代以降、現代の写真表現をリードしてきた存在です。

ということで、「アートとしての写真」方面にはまったく疎い私でも名前くらいは知っている大御所的な存在ですが、本展は日本で初めての本格的な回顧展として、代表的なシリーズから数点ずつ、網羅的に集めており、非常に見応えのある展示になっています。

個人的には「高度に発達した現代アートは何だかよくわからない」派なので、近年の作品群についてはうまく受け止めることも言葉にすることもできないのですが、デュッセルドルフ及びその近郊のごく普通の建造物を撮影した「Houses」シリーズや、彼の身近な人々の住む家の内部の諸々を自然光でありのままに写す「Interiors」シリーズは、本当に何気ない被写体ばかりでありながらも、奇妙に響いてくる作品がさりげなく混入していて、まさにそういう体験がしたくて写真展に来ているんだ、というそのものズバリの感動がありました。

図録も買って、二階の簡易カフェテリアみたいなところでパラパラと眺めてたんですが、やっぱりプリントと印刷では色合いが違っていて、やはり現物を見ないと分からないものがあるなぁ、と。良い悪いとはまた別の軸かとは思うんですが、今回、私が気に入った作品について言えば、プリントの方の色合いの方が明らかに好みに合っていてしっくりくるんですね。ちなみに、図録と合わせて、その作品が収録された写真集も眺めてみたんですが、そちらもやはりプリントとは少し違っていて、まぁある意味、わざわざ足を運んで実物を見に来た甲斐があった、ということで良いのかもしれません。

***

さて、今日もEOS 5D Mark IVを持ち出していて、カラーで撮っているのにモノクロっぽくなる天気の中、あわよくばEOS 5DS Rと実写比較を、と思っていたんですが、第一目的地の美術館に思わず長居してしまって時間がなかったのでそれはまた改めて。ただ、手持ちで適当に比べた感じだと、画素数の差から受ける印象ほどに、解像感には大きな違いは出ないように思えます。あとは5DS Rの方がほんの気持ちくらい、色が濃く出るかなぁ、という気もしますが、このあたりはもう少し確認しないとなんとも。とりあえず手持ちなので厳密な比較にはなりませんが(構図もピント位置もずれてる)、設定はすべて揃えてDigital Photo Professionalから素現像した写真を1組だけ。

どちらもEF24-70mm f/2.8L II USM(焦点距離50mm)で、ISO100、f/4の1/50 secで撮っています。現像時に適用したピクチャースタイルは「ディティール重視」からコントラストを-2、色の濃さを-1したものです。

(※どちらもクリックすると原寸画像が開きます)

_dsr5561-2
EOS 5DS R
_5d40439-2
EOS 5D Mark IV

 

ちゃんと比べるならやはり三脚くらいは出さないといけないんでしょうね。

[camera] EOS 5D Mark IVによるJPEGサンプル

前回のエントリに引き続き、EOS 5D Mark IVのJPEG撮って出しのサンプルです。六本木の国立新美術館から明治神宮前までぶらぶらと歩きながら撮った写真ですが、例によって個人的な嗜好によりアンダーに偏っているので、あまり「作例」などと胸を張れるものではないのですが、とりあえず。

(※以下、写真をクリックすると原寸画像が別ウィンドウで開きます。)

 

まず国立新美術館、2Fから階下のカフェスペースを見下ろしたところ。EF24-70mm f/2.8L IIの広角端で、開放です。(なので左奥の方はちゃんと写っていません)

_5d40171
EF24-70mm f/2.8L II USM at 24mm, f/2.8, 1/40 sec, ISO200

この日は曇っていて窓から入る光があまり強くないのですが、何となくハイライト側の描写が従来機と違っているように感じます。ちなみにピクチャースタイルは「ディティール重視」をベースに、そこからコントラストと色の濃さを1レベルずつ落としています。5DS Rと比べると画素数はかなり少なくなるのですが、実写では(ある意味当然ながら)解像度に不足は感じません。

次も同じく、国立新美術館の中で、同じくEF24-70mm f/2.8LL IIの広角端、ただし今度はf/4に絞っています。

_5d40251
EF24-70mm f/2.8L II USM at 24mm, f/4, 1/60 sec, ISO100

まぁ見てのとおり露出アンダーでアレですが、実はこの撮って出しのJPEGでも結構暗部が残っていて、このまま持ち上げていくと天井面の細かい筋がしっかり見えてきます。Lightroomではまだ扱えないので未確認ではありますが、RAWファイルならもっと頑張ってくれそうな期待感があります。

続いて国立新美術館から少し歩いて表参道方面。またEF24-70mm f/2.8L IIの広角端です。ちょっと深みのある「色」がどう写るか、というテストです。

_5d40296
EF24-70mm f/2.8L II USM at 24mm, f/2.8, 1/40 sec, ISO160

私はデジカメ自体、キヤノンからスタートしているので刷り込み的な話もあって元々キヤノンの色が好きなんですが、そういう意味でもこのMark IVは正常進化というか、同じ血統だなぁという感じ、個人的には非常に好ましい限りです。一方、このショットには入っていませんが、キヤノンのカラーレンダリングの長短を考えた時の「短」の方にくる、木の葉の緑とかの色褪せとかくすみ感も相変わらずです。ただ、今回のオートホワイトバランスの「ホワイト優先」はちょっと試した限りでは好みに合いそうなので、もう少し模索が必要な気がしています。

さらに移動して「東急プラザ表参道原宿」のエントランス。これもEF24-70mm f/2.8L II広角端です。色々撮ろうと思って出発しても、一番最初に好きなレンズを着けていってしまうとえてしてこういうことになってしまいます。

_5d40320
EF24-70mm f/2.8L II USM at 24mm, f/4, 1/30 sec, ISO160

この階段はある意味、定番スポットといってもいいんじゃないかというほどよく見かける被写体なんですが、自分で撮るのは今回が初めてだったりします。なにせ他の用事がない場所なので、多少撮ってみたいと思っていても、そのためだけに原宿方面、というのはなかなか足が向かないわけですが、こういうメジャーなポイントに限らず、もう少し頑張って出かけてみるべきなのかもしれません。

もう一枚、同じところで、今度はEF50mm f/1.2Lの開放で。

_5d40332
EF50mm f/1.2L, f/1.2, 1/160 sec, ISO100

ちなみにJPEG撮って出しと言いつつ、5D Mark IVではDIGIC 6+のパワーもあって、デジタルレンズオプティマイザを始めとして、カメラ内で各種の補正がかけられるようになっています。とりあえずここでは色収差と回折の補正だけONにしているんですが(周辺減光はむしろwelcome)、一点注意が必要なのはDPRAWで撮影しているときはデジタルレンズオプティマイザはONにできない、ということでしょうか。

最後、帰る直前、地下鉄への階段を下りながらの一枚です。こちらもEF50mm f/1.2Lの開放。

_5d40377
EF50mm f/1.2L, f/1.2, 1/320 sec, ISO100

この湿り気も実に好ましいんですが、3000万画素というのは、決して低画素数ということではないものの、5DSの5000万画素超というところを通過してきた今となっては、気のせいではあるんでしょうが、何というか丸まった感じがして、これもまた一つの味わいとなっている感があります。今回は一台だけ持って歩きながら撮る、ということだったので直接の比較はしていませんが、細かい描写力が活きるような被写体で同条件で撮り比べてみるのも楽しそうです。

 

ということで、他の方にとって多少なりと参考になるかどうか分かりませんが、JPEGでの街撮りのサンプルでした。

ちなみに5D Mark IVは5DS Rと比べるとメーカー公称40gも軽く、同じバッテリーで200枚余分に撮れ、GPSとWiFiまで備えてますので、散歩がてらに持ち出して街撮り、という観点では結構な優位性があります。WiFiでタブレットなりスマホなりに転送してJPEGをそのままどこかにアップする、という使い方だと、前述のカメラ内補正もかなり重要になってくるので、そうした用途がメインの方なら乗り換えは全然アリかなという気がします。

 

[camera] EOS 5D Mark IVのDPRAWによる解像感補正

EOS 5D Mark IVは、5D系としては初めてデュアルピクセルCMOSセンサーを搭載し、同じく初めて搭載されたタッチパネルとともに、ライブビュー/動画撮影時のオートフォーカスを新次元に持ち上げているのですが、さらにこのデュアルピクセルCMOSを活用して、DPRAW(デュアルピクセルRAW)という記録形式をサポートしています。

このDPRAWはセンサーの各画素からの情報をそのまま記録するRAWフォーマットに加えて、デュアルピクセルによる情報も合わせて記録するフォーマットということで、ファイルサイズもざっくり2倍程度(30MB前後→60MB前後)になるのですが、それを使うことにより、RAW現像の段階で

  • 解像感補正
  • ボケシフト
  • ゴースト低減

という3つの新しい画像調整ができるようになっています。

中でもやはり「解像感補正」というのが個人的に一番気になっていたわけですが、キヤノン公式サイトのDigital Photo Professional 4での対応の説明によれば、

解像感が低い印象の画像を改善。被写体の奥行き情報に基づいた「解像感の微調整」が可能です。スライダーで、シフト量(奥から手前)、効果の強弱を調整できます。撮り直しのできない画像の解像感を高めたいときなどに有効です。

※調整後はややノイズが増加します。

とのことで、けっこう夢が広がる記述になっています。撮影後のフォーカスシフトみたいなことができるのだとしたらそれは大変なことですが、その一方、画素1個の半分程度の差しかない差分情報でどれだけのことができるのか、ということを思うと期待はある程度絞ってかかった方がいいような気もするわけで、やはりこれは実戦投入する前にしっかり確認しておく必要があるでしょう。

 

ということで、ちょっとサンプルを撮ってきました。「石垣のクローズアップ」という面白みのない素材ではありますが、何かの参考になれば。

 

まずオリジナルの画像がこちらです(クリックすると原寸画像が開きます)。ちょっと暗くなってしまっていたのでISO800なのが残念ですが、とりあえずフォーカス部分とそこから外れていくところは分かりやすい素材かと思います。

straight-output

で、これをDigital Photo Professionalで加工してみます。DPRAWの操作はツールとして独立していて、別画面が開きます。

DPRAW Zoomed in.pngフォーカス部分を等倍拡大した状態です。この時点では無加工。ここからまずBack方向(奥)にシフトしてみます。強度はデフォルトの5。

DPRAW Adjusted Back 5.png
Digital Photo Professionalによる解像感補正: Back方向

逆にFront方向(手前)に同じく強度5でシフトしたのがこちら。

DPRAW Adjusted Front 5.png
Digital Photo Professionalによる解像感補正: Front方向

非常に微妙な違いですが、よく見ると確かに解像感が変化します。それこそ公式サイトのサンプルにあるように、「瞳とまつ毛」といったような主観的印象を大きく左右するような被写体であればそれなりに違って感じられる、ということはあるでしょう。

その一方、キヤノン自身がこの機能をフォーカスシフトとかそういう呼び方ではなく「解像感補正」と呼んでいること、特に「解像感」の「感」という文字を選んでいることには相応の意味合いがあるわけで、最初からこれを頼りにするよりは、前述の公式の解説通り「撮り直しのできない画像」について最後の手段というか「せめてもの試み」的な意味合いで使ったり、最初から95点で撮れている写真を97点、あわよくば98点にするための最終調整として利用するのが正しい使い方なのではないかと思います。

参考までに、最終的にこの補正を加えてJPEG出力したものを貼っておきます(それぞれクリックで原寸ファイルが開きます)。ビューアーとかで最初のオリジナル画像とまとめて開いてパラパラと見比べると違いがよく分かるかと思います。

Micro adjustment Back.JPG
Back方向シフト(強度5)
Micro adjustment Front.JPG
Front方向シフト(強度5)

 

この「解像感補正」含め、DPRAW独自の機能については今のところ純正のDigital Photo Profossionalのみの対応ですが、Adobeも対応するのではないかという噂もありますのでその辺りも期待して待ちたいと思います。 (そもそも本日2016/9/11時点では5D4のRAW自体、Lightroomでは扱えないのですが…)