[movie] ちはやふる ー 上の句 ー

ちょっと順番が前後してしまったのですが、滅多に邦画を観ない私が、世間(の一部)に漂うあまりに不穏な空気にいても立ってもいられなくなって憚りつつ劇場に足を運ぶことになった(そしてその後通算5回運ぶことになった)作品、『ちはやふる ー上の句ー』です。(実際には前二つの『レヴェナント』と『ズートピア』の前に観てました。)

もう一度書きますが、私は滅多に邦画を観ません。好き嫌いというほど強い話でもないのですが、そもそもアンテナをハリウッド方面にしか張ってませんし、たまたまWOWOWなんかでちょっと前の話題作なんかを目にしても、やはり何となく波長を合わせ切れないなぁということが多いので、どうしても足が遠のくというか食指が伸びない感が年々深まっていたところでした。そしてこの作品にもその「波長が合わない」ところは結構あって、率直なところ、作品自体の客観的な完成度とかについては一言ならず言いたいことがあるんですが、それでも。

これを書いている現時点で、2016年の劇場公開作は50本ちょっとですが、今のところぶっちぎりのベストです。それも、『スポットライト』や『オデッセイ』を押さえての一位なわけで、これはもう個人的には超弩級の大事変と言ってもいいレベルです。

とりあえず書き終わった時にすっきりしていたいのでまず気になるところから先に書きますが(好物を後に残すタイプ)、やはり邦画において厳然として存在する限界がこの作品にも色々と枷を嵌めている感はあります。特に俳優の演技や笑いの取り方とかの演出が口に合わないというか、たとえば端的にいうと、「何気ない会話」が「ぜんぜん何気なく聞こえない」わけです。

この辺はキャスト陣の経験なのか技量なのか脚本なのか演出なのか監督の演技指導なのか正直何とも言い難い部分ですが、個人的には音声の録り方による部分もあるのか、という気がしています。映画撮影における音声録音とか再現の技術とかそういう方向にはまったく疎いんですが、微妙な違和感というかなんというか。この辺りは今後、テーマとして少し掘り下げていきたいところ。

で、そういったことも含め、特に前半、とにかくいろんなところに少しずつ引っかかる喉越しのせいで、スムーズに没入できない感覚が残ります。「こんなところにマンションできたんだ」とかそういう頭で考えたような「目的」が先に見えてくるような、むき出しのネジのようなセリフはいらないし、人が一対一で話してる時にはそんなに「笑い声」を出して笑ったりしないし、取ってつけたようなCGが本当に取ってつけたようになってる部分があるし。ついでに言うと後半も、死んだように眠るというキャラクター付けについては2回目は、特にクライマックスの中でやるんならもう少し小さくていいと思うわけです。

しかしながら。

それでもなお、観終わった後には、というか、何度観ても、「大傑作だったなぁ」と思ってしまうわけです。とにかく、中盤以降の没入が凄いんですね。この作品は世間的にも概ね好評だったようなので私だけのことではないと思うんですが、個人的にはやはり、「競技かるた」の肉体感覚をドライブする「映像力」と後半のプロットの構造自体、三段ロケットで巨大な推進力を生み出している「ストーリーの駆動力」に完全に持っていかれている、という感覚があります。

前者の「競技かるたの映像力」については、スーパースローも駆使したスポーツとしての映像化のレベルもさることながら、礼に始まり礼に終わる「所作の美しさ」も合わせてしっかりと捉えていて、「かるた」という題材に対する作り手の敬意というか真摯な向き合い方が、成果としての映像のレベルの高さにつながっているように思います。単に映像として美しいとか完成度が高いというだけではなくて、作品が目指す方向に完全に収斂して一つのゴールに向かってブレなく全体を推し進める力になっているというか。映像だけが浮いているようなひとりよがりの違和感がないんですね。生み出された映像が描写するものが、競技の緊張感とか、選手たちのひたむきさとか、作品の骨であり肉である「本質」そのものになっているところが素晴らしくて。これはもう素直に、監督の采配というか、力量なのかなぁという気がします。映像美に無駄がない、というのは実はけっこう難しいことですし。

引きの映像も隅々までちゃんとしていて、最終戦の決着時、俯瞰の映像の左側で肩を震わせる「敗者」の演技とかもう本当に「行き届いて」いる感じで、画面のどこを見ても、その場で発生している情動がブレるどころかむしろ的確に支えられる感があります。

一方、もう一つのストーリーの「構造の駆動力」というところなんですが、これはもうまず脚本が見事なんだと思います。上記の通り、丁寧に作り上げられた映像による「情感の高め方」がすでに見事なわけですが、そこに決定的な加速力を与える機械的な構造というか、テコを使えば大きなエネルギーが生み出せるとか、ギアボックスを噛ませれば速度を増大できるとか、そういうレベルで、「メカニズム」として大きな効果を生み出すプロット構成になっているわけです。中盤からの流れは本当に見事だと思うんですが、特に大会当日、最後のステージの中で「机くん」→「千早」→「太一」の順で畳み掛けるように展開する「三連カタルシス」はロケットがブースターをどんどん切り離しながら一気に大気圏外まで駆け上がっていくような素晴らしい解放感をもたらしていました。

特に机くんはとんだ伏兵というか、それこそストーリーの要素の「数合わせ」的に配置された類型的な優等生キャラクターかと思いきや、突然、文字通り爆発的な演技で場を持っていき、見事にこの一連のクライマックスの幕を切って落とします。ここで足をすくわれたらもう後はジェットコースターのようにどんどん加速しながら運ばれていくばかりで、最後の太一の運命戦まで終わったらもう完全に魂が宇宙に運ばれてしまっているので、その後はもうどんな技が来てもまともに決まるという状態になるんですが、そこにまたあの一連のエピローグと『下の句』への引きが見事なわけです。

なんというか改めて考えると中盤以降が本当に巧みすぎて、何かこう、「何がそこにあるのか」ということを考えてしまいます。単純に人知を超えた確率変動的な何かが起きていたのか、制作側が狙って起こした活性状態の産物なのか、それともこういうものが必然的に作られていく何らかの初期条件があるのか、それともあるいは、単純にこの全てが主観的な揺らぎであって、この作品によって受けた衝撃はむしろ、自分が元々持っていたものが元素転換的に爆誕したものなのか。

感覚的には、考えてみるべきポイントも、そこから得られる結論も何か一つの単純なものということはない気がしますが、とにかく、こういうあれやこれやを一気に突き抜けて一気にランキング枠外、みたいなことになる作品との出会いはありがたいものです。特に今作は前半で足踏みしたがゆえに相対的に「突破感」がさらに強く、当面、頭のてっぺんに貼り付いたままの作品になりそうです。

とりあえず原作は『下の句』まで観てから読もう、と思っていたんですが、『下の句』を観て、さぁ結局どうなるんだよ、と思っていそいそと読み始めたら実は原作もまだ完結していなかったということで吐血している昨今です。

One thought on “[movie] ちはやふる ー 上の句 ー

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s