[movie] X-ミッション

X-mission.jpg

何か日本語版のポスターが見つからない、とかそういう事実が何事かを雄弁に物語っている気がしますが、とりあえず、エリクソン・コア監督による『ハートブルー』(1991)のリメイク作品です。そのオリジナルの方を観ていないのですが、とりあえずリメイクと言いつつ結構大胆に変えてきているということらしいので気にしない方向で。

この映画は「No CG」を標榜し、エクストリーム・スポーツの超絶スキルを持った犯罪者集団に、同じくエクストリーム・スポーツ出身のFBIエージェント(候補生)が潜入捜査を仕掛けるというプロットをいいことに、実にエクストリームな映像を好き放題にぶち込んだ作品なのですが、何というかこう、実にそれ以外に形容のしようがない仕上がりになっています。色んな意味で。

実際、この映画は、冒頭のバイクで切り立った尾根を疾走するシーンから始まって「ビッグ・ウェーブ・サーフィング」にしても「ウィング・スーツ・フライング」にしても、あるいは山頂からのスノーボーディングや完全にオーバーハングな崖に挑むフリークライミングにしても、CGじゃない、ということを頭が拒絶する感じのエクストリームっぷりで、理解を超えた凄まじい映像が全編通しててんこもりになっています。正直、これだけを観るのに劇場に足を運んでもいいレベルで。

特に「ビッグ・ウェーブ・サーフィング」については「映像自体が現実であること」を超えて、「そういうスポーツが実際に存在すること」という現実に打ちのめされるレベルです。5〜6階建てのビルの高さで立ち上がってくるその巨大な塊を見て、「よし、おれはあの波に乗るぞ」というような発想がどこから出てくるのか、人間という生き物の謎の深さ、業の深さに目眩がします。

その一方で、その映像を繋いで作品を束ねる役割を負っているところのストーリーがどうかというと、ちょうど位置付け的にしっくり来るのが『47 Ronin』ですかね。オリジナルの『ハートブルー』の主演がキアヌなんで、きっとそういうオマージュです。スピリチュアルな感じで、「お、おお、そうか…おお…おおお…」みたいな感じで、「悟る」ということがいかに己から遠いものであるかを思い知らされます。EnlightenとかOrdealとか普通に生きてるとあまり使わない言葉が頻出するので勉強になるんですが、それもすべて「オザキ・エイト」のインパクトによって綺麗に消去されるのでやっぱり勉強にはならないかもしれません。やはり「アルティメット・トラスト」の心境で、無心で身を委ねるのがいいのでしょう。何かを得るのではなく何かを返すための試練。そんなことを考えているうちに、よく分からないまま本編は終わっていたのですが。

スタッフロールが無茶苦茶長いんですね、この映画。

これだけ長いのは自分の記憶している範囲では『ハリー・ポッター アズカバンの囚人』以来じゃないかと思いますが、それもまぁこれまでに生きていて自分が地球から奪ったものを考えれば甘んじて受け入れるべきかという気はします。

なんともよくわからない映画だったので(いや、まぁある意味スゲーよくわかるんですが)よくわからないことをつらつら書いてきましたが、自分的には「映像キレイなだけで許せる範囲ってけっこう広いんだな」ということが分かりました。手汗もしっかりかいたし、満足です。足汗まではいかなかったのでさすがに『ザ・ウォーク』には及びませんが(他にもいろいろ及んでない)。

 

 

One thought on “[movie] X-ミッション

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s