[photo] EF35mm F/1.4L II USM


(1/250 sec at f/1.4, ISO 100)

※今回は特に断りのない限り、EOS 5DS R + EF35mm F1.4L II USMで撮ったRAWファイルをLightroomで後処理なしで素現像したものです。

EF35mm F1.4L II USMは、2015年9月に発売された、5DSシリーズ発売後の最初のLレンズですが、高解像度対応よりもむしろ「BRレンズ (Blue Spectrum Refractive Optics)」搭載を謳っていた印象が強く残っています。いわく「大口径レンズに発生しやすい色のにじみ(色収差)を大幅に低減し、撮影画面の中心から周辺まで優れた描写性能を実現」(キヤノン公式サイトの製品ページより)とのことで、光源の描写やボケが一味違う、という売り方。ある意味、ニコンの58mm f/1.4に通じるマーケティングという気もします。

ちなみに、公式にはもう一つ、製品紹介のページがあります。

一枚目、ボケ味もさることながら、銀色の鈴の金属面の描写が超好みです。これはヤバい。

    (1/320 sec at f/1.4, ISO 100)

うちの地元の辺りはもうすっかり過疎化が進んでしまっており、近所にも空き家が目につくのですが、潮を含んだ風の強い海辺ということもあって、寂れ感が半端じゃありません。気のいい年寄りしかいない地域でもあるので、落書きだの割れ窓だのといった人為的な荒れ方はしないのですが、雰囲気はずいぶん変わってしまいました。

 (1/1250 sec at f/1.4, ISO 100)

近所の神社には日本海沖で見つかった巨大な珪化木がご神体として祀ってあります。よくこんなものを海中から引き揚げたものだなと思うんですが、それはさておき、石化した木の表面の質感だけでなく、ほぐれた藁の柔らかい解像っぷりが、これまた超好みです。

(1/ 250 sec at f/1.4, ISO 100)

水盤に榊の枝。うちの地元の辺りでは神社にお参りすると大体、賽銭箱の右手側に丸い水盤があって、榊の枝が水に浸してあります。お参り前に雫を頭にふりかけると頭が良くなるとか言われてました。

(1/320 sec at f/1.4, ISO 100)

漁師町の神社なのでそれ系の神様の神社だと思うんですが、なぜか天狗面も祀ってあって、天狗のキーホルダーが売ってあったりします。極めて適当な感じで。EOS 5DS Rはこれまでのモデルと比べるとシャドウ部分のトーンの扱いがずいぶん改善した気がします。ダイナミックレンジ云々以前に、ノイズで荒れまくっていたんですが、センサーの性能なのか画像処理なのか、はたまた単純に粒が細かくなったからなのか、その辺はかなりよくなりました。

35mmという画角が元々あまり好みではなかったのですが、とりあえずこのレンズは非常に気に入っています。性能云々というところはあまりチェックしていないのですが、定番系のレビューはこちら。

 

あと数枚足して、Flickr上にAlbumにしてまとめてありますのでよろしければそちらもどうぞ(EF35mm F1.4L II USM @ lenslet blog on Flickr)。

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s