[movie] ミケランジェロ・プロジェクト

第二次世界大戦中、ナチス・ドイツがヨーロッパ各地から略奪していた美術品を奪還するために結成された独立部隊 The Monuments Men の活躍を描く「実話に基づく」系の歴史ドラマ。

キャストはジョージ・クルーニー、マット・デイモンを中心に、ビル・マーレイ、ケイト・ブランシェットなどが脇を固める結構分厚い布陣で、そこそこの期待感はあったのだけど作品としてはまぁまぁ、という感じでした。何といっても、脚本・構成・編集がぬるくて、前半の散漫な印象は如何ともし難い感じです。中盤以降、王道的な演出もあって感情的には盛り上がるものの、「実話に基づいてるんで仕方ないです」的な半端なプロットが主軸になっているので、いまいち突き抜けないという。客観的には傑作とはお世辞にも言えません。

ただ、そもそもの「ナチス・ドイツから人類の宝を取り返す」という大きな柱がやはり強力で、個人的にはやっぱりパカーンと負かされてしまうというか、ラストシーンに出てくる「そういうものの価値をそもそも全く理解できない」政府高官の問いかけに対するジョージ・クルーニー兄貴の答えとか、そういうのは「その概念そのもの自体」の力があって、自分の嗜好的にはまったく抵抗できないわけです。もう赤子の手をひねるように転がされて、ああよかった、モニュメンツメン最高だーみたいな感じになってしまうし、その一方、ナチス・ドイツの美術品に対する悪逆っぷりを描くシーンでは心臓が止まりそうになったり、こういうジャンルの作品は映画に対する純粋な評価が曇ってしまって本当にいけません。

とりあえず、ジョージ・クルーニー好きとか美術品好きとかにはオススメですが、一般的な映画ファンに対しては、まぁ暇を作ってまで観る価値は特にないかなー、とかそんな感じになる映画です。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s